市販の白髪染めで髪がギシギシしてしまうワケ

皆様の中には、市販の白髪染めを髪の毛に塗布して流した後、髪の毛がギシギシになってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?また市販の白髪染めを使って髪の毛を染めた後、髪が乾燥してバサバサになってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

では、どうして市販の白髪染めを使うとこのような現象が起こってしまうのでしょうか。

実は安価で市販されている白髪染めには、「酸化染料」と呼ばれる髪の毛や頭皮への刺激が強い成分が配合されています。

そしてこの酸化染料を含む成分を沢山配合している薬剤を髪の毛に塗って長時間放置すると、髪の毛のキューティクルを開かせ、ダメージを与えてしまいます。

そしてその結果、薬剤を洗い流した後の手触りがギシギシになってしまうというわけです。

そこでそういったヘアダメージを防ぐためには、トリートメント効果がある白髪染めを使用されることをおすすめします。

例えば最近話題になっているトリートメントタイプの白髪染めの場合、シャンプーの後で髪の毛に塗布し、10分程度放置することによって白髪を自然に染め上げることができます。

またこのタイプの白髪染めにはダメージヘアを補修したり、栄養分を補給した髪の毛をコーティングして水分の蒸発を防いだりする成分が配合されているため、使用し続けるにつれて髪の毛にハリやコシを蘇らせることができます。

ダメージヘアにお悩みの方は、ぜひ一度トリートメントタイプの白髪染めをお試しください。