かぶれ・かゆくならない白髪染めの見分け方

白髪染めをしている方の中には、毎回白髪染めをする度に酷い頭皮の痒みを感じている方もいらっしゃるかと思います。

実は市販されている白髪染めや美容室で使われている白髪染めの薬剤には、パラフェニレンジアミンのようないわゆる「ジアミン系化学物質」はや、アミノフェノール、防腐剤の一種であるレゾルシン、過酸化水素などが配合されています。

これらの物質には発がん性があったり肝臓や腎臓に負担をかける可能性があったりというように、人体に対して有害であることがわかっています。

そのためこういった成分が配合された白髪染めを使用すると、有害物質が体内に侵入してきたと判断した体が拒否反応を起こし、その結果、頭皮に痒みが生じてしまうのです。

そこで頭皮が痒くならない白髪染めを選ぶ際には、上で挙げたような成分が入っているかどうかを確認する必要があります。

一般にトリートメントタイプの白髪染めには刺激性の強い物質が配合されていないと言われていますが、トリートメントタイプの白髪染めであれば必ず安心なのかというとそういうわけではありません。

そういった商品の中にも、ジアミン系化学物質をはじめとする有害物質が配合されていることはあるのです。

そこで頭皮が痒くならない白髪染めを選ぶ際には、パッケージや商品の公式ホームページ等をチェックし、その商品にどのような成分が配合されているのかということについて、必ずチェックしておくようにしましょう。